hcm city days
hcm city days
hcm city days

ベトナム料理について話すとき、誰も最初に思い浮かべる名前はおそらくフォーでしょう。フォーは一般的なベトナム料理であり、多くの人から顕彰されています。珍しい料理ではないが、フォーの味は常に美味しくて温かい気持ちにさせてくれます。これはベトナム人の味覚と感情にぴったりの料理です。

伝統の象徴

ベトナム文化においてフォーは大きな意味を持っていると言えます。それは単なる料理ではなく、家族、コミュニティ、伝統の象徴です。ベトナムのフォーは世界中のグルメサイトでは「味のシンフォニー」と例えられています。 この料理の独特の風味は、材料の細心の注意を払って組み合わせることによって生まれます。具体的には、フォーの伝統的な味は各家庭によって異なりますが、共通のコンセンサスがあります。それはフォー独特の風味を生み出し、誰でもフォーだと感じられます。

hcm days pho viet
北部のフォーはバインクワイと一緒に食べることもあります。

現在、ベトナムのフォーを調理する技術により、明らかに異なる 2 つの味が生み出されています。それは北部のフォーと南部のフォです。北部のフォーは、20世紀初頭から登場したベトナムの伝統的な料理です。北部のフォーは骨スープの甘みとスープの透明感に注意を払っています。フォーの精華はスープにあり、伝統的に牛の骨を約8~10時間かけて煮込んで調理します。 このゆっくりとした調理プロセスにより、スープにスパイスが吸収され、コクと香りが生まれます。 フォーのスープの特徴は、スターアニス、シナモン、クローブ、コリアンダー シード、カルダモンなどの香りのよいスパイスが浸み込んでいることです。スープに加えて、フォーの麺もフォーの品質に直接影響する重要な要素です。フォー麺が一番美味しい食材に違いない。伝統的に、フォー麺は米粉から作られ、薄い長方形または正方形のシートにコーティングされ、細長く切られます。牛薄切り肉はとても柔らかくて新鮮です。

フォーを食べるときは、玉ねぎや醤油(赤と黒)も加えます。実は、これらを加えなければならないという規定がないです。これはサンドイッチを食べるときと同じです。 z自分の口に合うものであれば、好きなものを加えればいいです。通常、フォーのボウルには、もやし、コリアンダー、ムラサキバジルなどの材料を入れることが多いです。

フォーは北からすぐに南に広がりました。南部のフォーにはいくつかの違いがあり、北部のものより簡単です。ここのフォーは、もやしやコリアンダーを使わず、青唐辛子とレモンのみが付いてきますもっと洗練されている場合、南部人はフォーのボウルに豆もやし、バジル、コリアンダーを付くこともあります。北部のフォーと南部のフォーの精華は大きく異なりますが、スパイスの調和のおかげで、どちらもベトナムのフォーの独特の風味を保っており、人々や観光客に人気の料理です。

ホーチミン市では、Pho Hoa – Pasteur、 Pho Phu Vuong、 Pho Hung、 Pho Le、 Pho Chua Thanh、 Pho Phu Giaなどの過去から現在までの最も有名な南部フォーのレストランでおいしいフォーを楽しむことができます。また、ハノイ都では、訪問者はPho Thin Lo Duc、 Pho Ganh、 Pho Ly Quoc Su、Pho Bat Danなどの有名なフォー レストランで北部のフォーの味を楽しむことができます。

ベトナムのフォーが世界進出に

現在、ベトナムのフォーはベトナム人だけでなく、世界中の多くの外国人にとっておなじみの料理となっています。したがってフォーは日本、シンガポール、オーストラリア、イギリス、ドイツ、アメリカ、ブラジルなどの世界各国に進出されています。2016年にベトナムで44日は日系企業によって「ベトナムフォーの日」と選ばれました。  このアイディアから始まり、1212日は「ベトナムフォーの日」と制定されています。

ベトナムのフォーの風味は数十年経ってもそのまま残っています、

12月12日のフォーの日は、日本人の発案からこれまで6年間催されました。具体的には、2016年4月4日に大阪市でベトナムの日系企業がベトナムフォーの日を催しました。それ以来、ベトナムの部や単位も、世界中の多くの観光客に知られている伝統料理を顕彰するためにフォーの日を開催し始めました。

ベトナム料理の専門家によると、今日でもベトナム料理は日本人にとって常に魅力がります。ベトナム料理というと、フォーを言えないわけにはいけません。日本料理の味付けは、繊細、自然の美しさや四季の移ろいにふさわしく、独自の個性が込められています。ベトナムにとって、ベトナムのフォーにも同様の類似点があります。

そのため、ベトナムの文化的価値、歴史、故郷の味と融合した料理の真髄であるベトナムのフォーの味を十分に感じた人々は大阪万博記念公園で初めて開催される「ホーチミン市デー in 大阪、日本」イベントにに参加してください。

ここに来ると、次のような有名なベトナム料理人のフォーを楽しむことができます。それはサイゴン観光公社( Saigontourist)及び観光専門学校の食品加工技術学部長ーBui Cong Thanh料理人とFume – Japanese modern cuisineレストラン料理副長Vo Danh Thanh料理人です。さらに、訪問者は次のような一連の質問を説明する「フォーの話」に興味を持ちます。ベトナムのフォーの特徴は何ですか?なぜベトナム人はフォーを国民食と呼ばれているでしょうか? ベトナムのフォーと日本のラーメンの類似点は何ですか?  それだけでなく、訪問者はイベントでフォーの調理プロセス、北のフォーと南のフォーの味の違いについて学ぶ機会もあります。

ベトナムのフォーについて学んだ後、なぜフォーがベトナム料理の「精華」に値するのか、なぜベトナムが世界の料理地図に明確に位置づけられるのか、きっと理解できるでしょう。