hcm city days
hcm city days
hcm city days

4月の最後の数日間、私たちは幸運にもベトナムのお菓子職人 Dang Ngoc Anhさんと話しました。今はAnhさんが、今年5月に開催される「ホーチミンシティデー in 大阪、日本」イベントに参加するために、民間お菓子を作るための材料を準備するのに忙しい期間です。

Dang Ngoc Anhさんはベトナムのバインチュンとバインテットを紹介しました。

Dang Ngoc Anhさんはクメール族とキン族の血統が混ざった子供であるため、子供の頃から地元の料理の味が彼女の意識に入ってきました。Ngoc Anhさんは「昔、母、妹、叔母がバインヤーロン、バインクオン、バインボーなどを作ったのを見たとき、私は学びたいと思っていました。それが、民間お菓子の味が今でも彼女にとって忘れない味で、これらのお菓子に対する彼女の愛のおかげで、彼女は大人になってから、新しいスタイルとするのに、伝統的な味はまだ残っている味はを作ることを学び続けました。したがって、民間お菓子を楽しむとき、人々はでん粉を食べているとは考えず、魅力的な色、豊かな風味、味覚を刺激する美しく、小さなお菓子を楽しんでいると考えます。

hcm days - banh dan gian
西部のバンクオンは、バインダムという別のイメージに包まれています。」を思い出しました。

Dang Ngoc Anhさんによると、ベトナムの民間お菓子は食べたり作ったりするのがとても簡単なので、田舎から都市部まで、どこの家でも家族、親戚、友人のために民間お菓子を作ることができるということです。したがって、ベトナムの民間お菓子も人気があり、豊富です。そのため、ベトナムの民間お菓子はさまざまな場所で見られますが、ベトナムの食文化の独特の特徴も持っています。

 「ベトナムの民間お菓子が地域によってさまざまバリエーションがあります。たとえば、同じバインクオンでも、地域によって呼び名や作り方が異なります。具体的には、北部ではバインクオンと呼ばれる、バインクオンは薄くコーティングされ、中に肉とキノコが詰められているものです。このお菓子が中部地域のフエで、中に焦がしたエビが詰める物、または、バインダップとういう焼いた餅の上にお菓子を押し付ける物。そして西部でもやし、野菜、肉を炒めた具材があり、人々がそれをバインダムと呼ばれます。全国の他の地域に来ると、同じバインクオンに具材はなく、もやしとネムチュアと一緒に食べられるバインはバインウットだと呼ばれます」とNgoc Anh さんも語りました。

hcm days - banh dan gian
フエのバイン ボット ロックは国内外にとって人気がある料理です

 

ベトナムのお菓子への愛を広めるため、Ngoc Anhさんは典型的なベトナムの民間お菓子を持参し、「大阪・ホーチミン市フェスティバル」に参加します。ベトナムには多様な食文化と創造性があるため、Ngoc Anh さんは料理人として、ベトナム料理の精華を多くの外国人客に紹介したいと考えています。ベトナムのお菓子を通じて、訪問者はベトナムの豊かな料理を知るためにベトナムに来る魅力と好奇心を感じるでしょう。それもベトナム料理をさらに宣伝し、紹介する方法です。

1965年に生まれたお菓子職人Dang Ngoc Anhさんは、ベトナムの伝統的なお菓子作りの指導を専門とするベトナム料理講師です。また、彼女もSai Gonプロフェッショナル料理人の協会副会長です。最近では、多くの賞を受賞しています。それは2023年の才能ある女性シェフ、 Bac Lieuのエビ料理コンテストで優勝、ベトナム地図上の126品の料理コンテストで2位。 Ngoc Linh Tu Ma Rong (コン・トゥム)に関する120料理の記録を樹立するコンテストで3位などの賞です。

5月にNgoc Anh職人は日本人に以下の6種類の民間お菓子を紹介します:

・バインベオ:お菓子の名前は、お菓子の形がウキクサの葉に似ていることに由来していることです。米粉と水を主原料に、職人の技を組み合わせて、柔らかく滑らか、もっちりとしたバインベーオが作られます。米粉とタピオカ粉を混ぜた生地を蒸し、干しエビや揚げた豚の皮などを載せ、甘じょっぱくて辛いヌクチャムと一緒に食べられます。

・バインクオン:バインクオンはベトナムの すべての地域に存在します。バインクオンは本来の名前の通りです。米粉を薄くまぶして蒸して丸めた具材の中に、豚ひき肉とキクラゲを炒め、少量の調味料で味付けした餡が入っています。バインクオンは、魚醤、コリアンダーもやし、春巻きと一緒に食べることがよくあります。

・バイン ボット ロック:フエのバイン ボット ロックはフエの代表的な料理です。  この料理を構成する主な材料は、タピオカ澱粉、エビと薄切りの豚です。エビと肉をバナナの葉で包んだバイン ボット ロックは、もっちりとした柔らかい外皮と、濃厚なエビと肉の煮込みが組み合わさって、多くのお客様の記憶に残られます。

・バインイットチャン:インイットチャン は、中部地域の人々の有名で、美味しくて簡単な軽食です。もち米粉とエビ、肉、いんげんを組み合わせたお菓子です。食べると、柔らかくしなやかな生地に、濃厚なエビ、肉、いんげんの餡が加わり、少量の魚醤、玉ねぎの脂、フライドオニオン、ピクルスを加えて独特の風味を生み出します。

・バインドゥック:南部の塩辛いバインドゥックは、非常に魅力的な素朴な料理です。  米粉を主原料に、ココナッツミルクの脂っこさとエビや肉の塩味を合わせ、玉ねぎの脂漬けと魚醤のピクルスを少々加えた魅力的な味わいです。バイン・マン.としても知られるバインドゥックマンは、素朴な材料で作られるものが遠く離れた多くの人々の記憶に残る故郷の料理の思い出です。

・生春巻き:生春巻きは非常に人気のある屋台の食べ物で、南部発祥です。材料: レタス、ハーブ、春雨、もやし、ニラ、茹で肉、新鮮なエビを、もちもちのライスペーパーでしっかりと巻きます。  豆ペースト、粉唐辛子、砕いたローストピーナッツ、少しのフライドオニオンと一緒にたべます。現在、生春巻きは 全国にあり、地域に応じて、春巻きを作るのに使用される材料も異なります。