hcm city days
hcm city days
hcm city days

近々開催される「ホーチミンシティデー in 大阪、日本」イベントの枠組みの中で、ベトナムの在留者および日本の市民は、ベトナムのAo Daiコレクション「Lua Hat, Sen Trong」をご覧いただく機会があります。 これは、Trung Dinhデザイナーによるもので、ベトナムの精神を色濃く反映したものです。アオザイのコレクションを通じて、ベトナムのアオザイの美しさを保存し、多くの外国人に宣伝する上で重要な役割を果たすことになるでしょう。 

シルクに絵を描く先駆者

ベトナムの伝統的な絹織物村を保存し、発展させたいという願いから、アオザイデザイナーTrung Dinhは過去10年間、オンブレ染色(染めの淡い色合いと手動で色を変えて新しい素材を作り出す技術)及びシルクに手描きする技術の研究、探求、創作に青春時代を費やしてきます。彼はまた、ベトナムのファッション産業に新しい絹の絵画技術を導入し、美術的効果と高い適用性をもたらす先駆者となりました。

hcm days van hoa
アオザイデザイナーのTrung Dinhさんがモデルの衣装を調整しています。

彼は「絹を描くことは、ベトナムの人々にとって非常に独特で複雑な手工芸ですが、ますます人気があります。アオザイは、伝統的な衣装であり、国の象徴ですが、デザインや素材の加工についてはまだ投資されていません。 したがって、私はベトナムのシルクに対する絵画技術を再び活性化し、その中でアオザイを「中心」に選びました。ここから、絹を描いたアオザイのコレクションがますます多くの人々や観光客に知られるようになります。」を述べました。

そこで彼は最初から研究を行い、絹の絵画技術をより現代的でありながら、アオザイの上で繊細な価値を表現し、ベトナムのシルクの価値を高める方法を考えました。特に、その技術をファッションに応用するような方法を考え、ベトナムシルクの価値を高めることに貢献しました。

彼は自分の旅程を通して常に「ベトナム人は率先してベトナムシルクを使おう」というメッセージを広めています。 絹に描くことが「思い出」にならないように、彼は毎日必ず新しい服を着せなければなりません。私は常に教育目的を優先するので、自分のセンターで教えるだけでなく、大学や職業訓練校でのワークショップに参加し、外国人観光客、各国の大使館にベトナムの絹を宣伝しています。

Ngoc Chauビューティー クイーンは、Trung Dinhアオザイデザイナーがデザインしたアオザイを着て優雅に見えます。

彼の作品を通して、Trung Dinhさんの作品には、彼がベトナム全土を巡り、自然、国土、人々、地域の象徴である63の省や都市を通って経験したテーマが見られます。これらの素材はアオザイに伝わり、彼がデザインしたアオザイは、ベトナム人にとって親しみやすく、国際的な旅行者にとって魅力的になっています。

Lua hat, Sen trong」コレクションに魂を吹き込む

デザイナーのVo Viet Chungさんとは異なり、今回はアオザイを描くデザイナーTrung Dinhさんが日本人、ベトナムの人々に「Lua hat, Sen trong 」というコレクションを紹介する予定です。  このコレクションには、ベトナムのシルクとシルク素材が使用され、デザインされた15着のアオザイが含まれます。主な素材加工方法は、シルクを手染めして色を作り、伝統的なアオザイの形に手描きすることです。  そして、ハスのイメージはコレクション全体にあります。

「Lua hat, Sen trong 」は、現代の時代に新しい技術とプロセスを持つベトナム絹の絵画の典型例です。Trung Dinhデザイナーは、「Lua hat」プロジェクト  を追求するために10年以上を費やし、その知識をファッションデザイン専攻の学生や若手デザイナーに伝えました。その過程で、ベトナム絹の上に手染めや手描きを行い、アオザイに応用することが最も注目されています。

Trung Dinhアオザイデザイナーが、「Lua hat, Sen trong 」アオザイ コレクションのモデルと一緒に写真を撮りました。

コレクションは、ベトナムのシルクとシルク糸を使ってデザインされた、清らかな蓮の花のイメージから着想を得ました。絹の上に鮮やかに咲き誇る蓮の花は、ベトナム人の静かな鎮静と精神的な困難に対する強さを表現し、デザイナーから「ベトナムのアオザイ、ベトナムの手工芸品」というメッセージを伝えました。

  彼によると、彼のアオザイは、ベトナムの女性の体型に最も適したように、多くの年月にわたる研究とデザインの精髄から選りすぐられています。なぜなら、彼によれば、アオザイはベトナムの伝統とと密接に関連していますが、ベトナム人の間で完全に普及していない、特にベトナムから遠く離れた人々の間ではそうであると言ました。したがって、彼のようなアオザイデザイナーの「責任」は、アオザイへの愛を多くの人々に広め、それによって特にベトナム国民をはじめ、世界の人々にアオザイの衣装が他の国と混同されることなくベトナムのものであることを認識するのを助けることです。